ボイステクノは、株式会社ボイススピリッツ(Panasonicの社内ベンチャー会社)の事業を承継した個人事業です。

Windows10対応についてWindows10対応について

Windows10対応について

Windows10 Creators Updateを実行するとライセンスキーの再入力または、コントロールパネルからの[修復]操作が必要になります。
「ライセンスされていません」と表示された場合は、詳細は下記へ

ボイステクノでは、Windows 10 Insider Preview Build 10240 および 2015年7月29日公開版を用いて、全ソフトの正常動作を確認しています。

Windows 7/8.1からWindows 10にアップグレードする場合は、必ず事前にご利用のパソコンがWindows10対応となっているかをご確認ください。
音声再生に関連するオーディオドライバーやステレオミキサードライバー、ディスプレイ関連のドライバーなどの更新が必要となる場合があります。
これらがメーカーから提供されていないか、Windows 10互換でない場合は、Windows 10にアップグレードすると正常に動作しない可能性があります。パソコンメーカーから更新ドライバーを入手して設定してください。
ボイステクノでは、メーカーがサポートしていないWindows 10環境での動作は保証しておりません。
Windows7/8.1からのアップグレード   新規PC:Windows 10(32bit) 新規PC:Windows 10(64bit) 
 文章のここが相違
1

2

2
 ボイスメディア・ライティング
1

2

2
 Karaサクッ!
1

2

2
 Karaサクッ!Pro
1

2

2
 カラオケの達人
(ソースネクスト社からの販売)

1

2

2
 カラオケの達人Plus
(ソースネクスト社からの販売)

1

2

2
 Voice Rep
1

2

2
 Voice Rep Pro
1

2

2
 会議録エディター
1

2

2
 会議録エディターPro
1

2

2
 Word便利機能ボタン集
 差分チェッカー
(Ging社からの販売)

1
 マルチリンガル・スピーキング
1:Windows10に、アップグレードを実行すると、初回起動時にライセンスキーの再入力が必要になります。
Windows10にアップグレード後に起動すると、「ライセンスされていません」というメッセージが出る場合は、ライセンスの登録情報がクリアされています。コントロールパネルのプログラムと機能から、該当ソフトを選択し、[修復]を実行してみてください。

[修復]を実行しても正常起動できない場合は、アンインストールしてから、再度インストールし、ライセンスキーを再設定してください。
体験版の起動表示やライセンスキーの入力画面になる場合は、ライセンスキーを入力してください。
Windows 10でのコントロールパネルの表示方法
スタートメニューをマウスで右クリック(通常の左クリックではなく、右クリックです)したときに表示されるメニューから選択してください。


Windows 10 Creators Updateでのコントロールパネルの表示方法
スタートメニューを左クリックし、表示されるメニューから[Windows システムツール]を選択すると、その中に[コントロールパネル]があります。


ライセンスキーを紛失された場合は、ソフトをご購入頂いたところ(販売店等)にお問い合わせください。
2:インストール時、下記メッセージが表示されますが、手順に従ってインストールすれば、正常に動作します。
(Voice Rep Proの例)


[OK]ボタンをクリックすると、次のダイアログが表示されます。

[この機能をダウンロードしてインストールする]を選択して、.NET FrameWork3.5をインストールしてください。
再度、当ソフトのセットアップをやり直すと正常にインストールできます。