ボイステクノは、株式会社ボイススピリッツ(Panasonicの社内ベンチャー会社)の事業を承継した個人事業です。

Voice Rep 2Voice Rep 2

Voice Rep 2  商品一覧に戻る  新規ご購入 \3,000(税別)
優待・乗換版 \2,000(税別)
優待対象:Voice Rep/Voice Rep Proの製品版がインストールされているPC(対象外の場合、インストールできません)
乗換対象:ドラゴンスピーチ/AmiVoice(バージョンは問いません)がインストールされているPC(対象外の場合は、インストールできません)

よくある質問

Q.Chromeの認識画面が表示されません。

A.Chromeでの認識をより安定化させるために、Chromeでの認識サーバーを変更しました。Ver.2.010に更新が必要になります。アップデートは、ソフト起動時に表示されるオートアップデートの実行により更新されます。以前のバージョン(Ver.2.000、Ver.2.001、Ver.2.002、Ver.2.003)は、2017年3月1日以降、Chromeでの認識ができませんので、必ず、Ver.2.010にアップデートしてください。

Q.Chromeの[認識結果を転送]がクリックできなくなったり、転送できなくなりました。

A.Chromeのセキュリティ機能が更新され、ChromeとAdobe Flash Playerが最新になっていない場合、Chromeが本操作をブロックして[認識結果を転送]のボタンそのものが消えたり、フリーズしたように見える現象が生じることがありました。Googleの説明ページはこちら
ChromeとAdobe Flash Playerを最新版に更新することでこの現象を回避できます。
また、Chromeの赤いマイクボタンが点灯しない状態になった場合は、下記「Q.Google Chromeのマイクアイコンが点滅せず、文字化が開始できません。」に基づいて、Chromeをリセットしてください。
次の手順に基づいてChromeのバージョン情報を表示してください。バージョン情報を表示すると最新版に更新されます。Chromeを最新版に更新しても、転送できない場合は、認識結果の一部をドラッグし、右クリックメニューから「コピー」を実行してください。「コピー」操作を行った瞬間に、下段のテキスト全体がメイン画面に転送されます。貼り付け操作は必要ありません。
Voice Rep 2から起動したChromeのみが対象です。複数のタブが表示されている場合は、起動されたタブ以外からは転送できません。
※下段のテキストが同じ場合、2回目の実行は転送されません。(ボイステクノ:サーバー側の更新:2016年11月28日)


Chromeのバージョン情報の表示方法




Adobe Flash Playerのアップデート確認


@ChromeのURLに、chrome://componentsと入力します。
Aスクロールして、Adobe Flash Playerを探します。
BAdobe Flash Playerのアップデートを確認します。アップデートがあれば更新します。


Adobe Flash Playerの例外設定に、「https://voicetechno.net」を登録

@[Chromeの設定ボタン]をクリックします。
A[設定]をクリックします。



@一番下までスクロールします。
A詳細設定を表示...をクリックします。



@「プライバシー」が表示される位置までスクロールします。
A[コンテンツの設定...]をクリックします。



@「Flash」が表示される位置までスクロールします。
A「Flashの実行をサイトに許可する前に確認する(推奨)」が選択されていることを確認します。
B[例外の管理]をクリックします。



ホスト名のパターンに、https://voicetechno.net と入力します。



@ホスト名のパターンが、「https://voicetechno.net」 、動作が「許可」になっていることを確認します。間違っている場合は、×をクリックしてやり直します。
A[完了]をクリックします。

Chromeを最新版に更新すると、設定画面がリニューアルされます。新しい設定画面でのFlashの設定は次の手順に基づいてください。

@ChromeのURLに、chrome://setting/content/flashと入力します。
A「サイトでのFlashの実行を許可する」をOnに設定します。
B「追加」をクリックし、表示されたダイアログのサイトに、「https://voicetechno.net」を入力し、[追加]ボタンをクリックします。
Cここに、「https://voicetechno.net」が追加されていることを確認します。

Q.マイクを用いて文字化する手順がわかりません。

A.本ソフトの音声認識開始時に、詳細手順と使い方に関する動画が確認できますので、その手順をご確認ください。

Q.Google Chromeのマイクアイコンが点滅せず、文字化が開始できません。

A.下記「Q. Chromeのマイクアイコン(赤いボタン)が反応しません。」をご確認ください。初回起動時に、マイクの使用を[ブロック]してしまうと、この状態になってしまいます。下記の説明にあるChromeのリセットを実行してから、マイクの使用を[許可]に設定し直してください。

Q.ソフトを起動しようとすると、「ライセンスされていません」と表示されます。

A.本ソフトをインストールしたときのログインユーザー(パソコンへのログイン)と、利用時のログインユーザーが異なると、このメッセージが表示されます。本ソフトのライセンスは、インストールしたログインユーザーにのみに許諾しています。複数のログインユーザーではご利用いただけません。インストールしたログインユーザーでご利用ください。また、Windows 10など、OSをメジャーアップデートした場合は、ライセンス登録情報がクリアされ、このメッセージが表示されます。Windows 10対応についての留意点をご確認ください。

Q.[認識結果を転送]をクリックしても、Chromeで認識された結果が、Voice Rep 2に転送されません。

A.Voice Rep 2から起動されたChromeのタブ以外からは転送できません。複数のタブが表示されていて、以前のタブページが表示されている場合は、以前に表示されたタブページからは転送できません。起動時は、[新しいタブページを開く]に設定することをお勧めします。





Q.音声認識を実行すると、マウスカーソルの形状が変わります。

A.本ソフトで音声認識を実行中は、バックグラウンドで「Chromeブラウザ」をナビゲートしています。そのため、音声認識実行中は、マウスカーソルが「バックグラウンドで作業中」の状態に変わります。音声認識を終了すると、元のマウスカーソルの状態に戻ります。
※Ver.2.003では、マウスカーソルの形状は変わらないようになりました。

Q.Chromeを閉じているのに、音声認識を実行しようとすると、「起動中のChromeを終了」ダイアログが表示されます。

A.Chromeの設定で、「Google Chromeを閉じた際にバックグランド アプリの処理を続行する」にチェックが入っていると、閉じてもChromeプロセスが残っているため、このダイアログが表示されます。次の手順に基づいて、チェックを外してください。







システムの「Google Chromeを閉じた際にバックグランド アプリの処理を続行する」のチェックを外してください。

Q.マイクを用いて文字化する手順がわかりません。

A.本ソフトの音声認識開始時に、詳細手順と使い方に関する動画が確認できますので、その手順をご確認ください。

Q.Setupを実行すると、「WindowsによってPCが保護されました」というメッセージが表示されます。

A.Windows 8の危険性のないアプリかどうかを確認するSmartScreen機能からのメッセージです。問題ありませんので、「詳細情報」をクリックし、「実行」を選択してください。

Q.Chromeの画面では、日本語でなく英語が認識されます。

A.次のChromeの表示言語の設定を確認してください。









@日本語が一番上になっているかどうかを確認します。日本語が一番上にない場合は、日本語を選択して一番上に移動させてください。
A[完了]をクリックします。

Q.Chromeのマイクアイコン(赤いボタン)が反応しません。

A.Chromeの音声認識画面が最初に表示されたときに、[許可]でなく、[ブロック]を選択してしまった可能性があります。


間違えて、[ブロック]を選択してしまったときは、Chromeの設定をリセットしてください。
前記、「Q.Chromeの画面では、日本語を選択しているのに英語が表示されます。」と同じ手順で、詳細設定の表示を行います。
画面をスクロールすると、次の画面となります。


[リセット]を実行します。
再度、音声認識を実行すると、マイクの使用許可画面が表示されますので、[許可]を選択してください。

Q.読み上げ機能で利用できる言語を追加する方法がわかりません。

A.Windows 7では、言語は追加できません。
Windows 8/8.1の場合
コントロールパネルの言語を表示します。


追加したい言語の[オプション]をクリックし、[言語パックをダウンロードしてインストールします]をクリックします。
この処理には時間がかかります。


追加したい言語が表示されていない場合は、[言語の追加]から言語を追加し、前記[オプション]から言語パックをインストールしてください。


Windows 10の場合
[設定]から[時刻と言語]を選択します。


@追加したい言語を選択し、表示されたボタンの中からA[オプション]をクリックします。


[音声認識]をダウンロードします。(音声合成は、音声認識の中に統合されています)


追加したい言語が表示されていない場合は、@[地域と言語]から、A[言語を追加する]を選択して言語を追加してから、前記[オプション]から[音声認識]をダウンロードしてください。

Q.Googleのサービスが終了したら、本ソフトは使えなくなりますか。

A.本ソフトでは、Googleの音声認識エンジンを用いて音声を文字化しています。そのため、Googleのサービスが終了すると、本ソフトで音声認識機能は利用できなくなります。なお、本ソフトのワープロ機能は、Googleのサービスが終了しても影響はありませんので、そのままご利用いただけます。

Q.複数のパソコンで利用できますか?

A.個人でご購入の場合は、個人で所有されている複数台のパソコンでご利用いただけます。パソコンの所有者が異なる場合は、所有者分のライセンスが必要です。法人でご購入の場合は、クライアントパソコン1台につき、1ライセンス必要です。
ネットワークを介して利用される場合は、別途ネットワークライセンスが必要です。詳細はお問い合わせください。