ボイステクノは、株式会社ボイススピリッツ(Panasonicの社内ベンチャー会社)の事業を承継した個人事業です。

Desk WE-VoiceDesk WE-Voice

Desk WE-Voice
 商品一覧に戻る 
新規ご購入 \5,800(税込み)\2,800(税込み)
優待版 \3,200(税込み)\1,800(税込み)
優待対象:Desk WEの製品版ライセンスをお持ちの方(対象外の場合は、ご購入頂けません)

商品ホーム

「Desk WE」の上位版です。「Desk WE」の全機能に加え、キーボードで操作可能な音声再生プレーヤー、あらかじめ登録しておいた定型文をマイクから音声で入力できる音声入力機能、シートのセルに設定したテキストをセルごとに読上げエンジンを切り替えて読み上げてくれる読み上げ機能を搭載しています。

ご購入前に必ずお読みください

ご購入後のキャンセルはお受けしておりませんので、体験版で商品内容をよくご確認の上、お申込みください。特定商取引法に関する記述を必ずご確認ください。

取扱説明書

  PDF取扱説明書(2.47MB)

対応OS

Windows 7/8/8.1/10  32bit/64bit
Windows XP/Vistaには対応しておりません。
自作パソコンは動作保証していません。
プレインストールされているOSからアップグレードされた場合のOSは動作保証していません。
メーカーサポートのないWindows 10での動作は保証しておりません。

Word機能で編集・保存が可能な形式

Word 文書(*.docx) / Word 97-2003文書(*.doc) / リッチテキスト形式(*.rtf) /
テキスト形式(*.txt) / Html形式(*.html) / xmlドキュメント(*.xml)

Excel機能で編集・保存が可能な形式

Excel WorkBook(*.xls,*.xlsx) / CSV形式(カンマ区切り)(*.csv) / テキスト形式(TAB区切り)(*.txt)

再生可能な音声ファイルの形式

.wma / .mp3 / .wav
24bitファイルは再生できません。wavファイルはPCM形式のみサポートしています。
24bitファイルの場合は、WAVコンバータ(無料)(16bitのファイルに変換するサポートツール)を公開していますので、このソフトを用いて変換してください。

主な機能


Word機能Excel機能の両方の機能を搭載し、タブで簡単に切り替えできます。
48種類のスキンから好みの外観に変更できます。
使い慣れたリボンスタイルが選択できます。
Word機能とExcel機能間のデータをワンクリックで相互に簡単に転送できます。
キーボードで、再生・一時停止などの操作が可能な音声プレーヤーを搭載しています。
あらかじめ登録しておいた定型文をマイクから音声で入力できます。
シートのセルに設定したテキストをセルごとに読上げエンジンを切り替えて読み上げてくれます。

本ソフトでは、一部の機能やダイアログで英語表記となる部分があります。あらかじめご了承ください。

Desk WEとDesk WE-Voiceの相違点

Desk WE Desk WE-Voice
ダウンロード版 標準価格 (税込み):1ライセンス 2,800円 5,800円
Word機能
Excel機能
Word機能とExcel機能の簡単切り替え
スキン機能(48種類の外観から選択)
リボンスタイルの変更(Office 2013/Office 2010/Office 2007/MacOfficeから選択)
Excel機能へ転送(Word機能に搭載)
Word機能のドキュメントをExcel機能のシートのセルにワンクリックで簡単転送できます。
Wordl機能へ転送(Excel機能に搭載)
Excel機能のデータをWord機能のドキュメントにワンクリックで簡単転送できます。
音声プレーヤー(Word機能に搭載)
再生・一時停止などの主要な操作をキーで操作可能な音声再生プレーヤーを搭載しています。
音声入力(Word機能に搭載)
あらかじめ登録しておいた定型文を音声(マイク)を用いて、音声認識で入力できます。
読み上げ機能(Excel機能に搭載)
セルに設定した文章ごとに音声合成エンジン(2種類)を切り替えて本ソフトが読み上げます。

「Word機能」と「Excel機能」の切り替えと、搭載しているリボン一覧

Wordライクの文章編集に関する機能と、Excelライクの表計算に関する機能が、タブで簡単に切り替えできます。キーボードによる操作(Ctrl + W:Word機能に切り替え)と(Ctrl + E:Excel機能に切り替え)でも切り替え可能です。
動画では、本ソフトに搭載しているWord機能とExcel機能に搭載しているリボンの一覧が表示されます。
実行例が動画で確認できます。再生ボタンをクリックしてください。
動画の再生には、Adobe Flash Playerが必要です。設定されていない場合は、ここからインストールし、ブラウザを再起動してください。

スキンの変更

本ソフトでは、48種類のスキンから、好みの外観に変更できます。動画は、スキンの一部です。
実行例が動画で確認できます。再生ボタンをクリックしてください。
動画の再生には、Adobe Flash Playerが必要です。設定されていない場合は、ここからインストールし、ブラウザを再起動してください。

リボンスタイルの変更

本ソフトで使い慣れたリボンスタイルに変更できます。リボンの最小化と元に戻す方法や、ボタンのテキストの表示方法が変わります。
(動画は、リボンスタイルの違いが分かりやすいスキンを選択しています。)


Word機能(Excel機能へ転送)

Word機能に入力したデータを、ワンクリックでExcel機能のシートに転送できます。指定した区切り文字で、文章を分割して、Excel機能のシートのセルに配置します。
実行例が動画で確認できます。再生ボタンをクリックしてください。
動画の再生には、Adobe Flash Playerが必要です。設定されていない場合は、ここからインストールし、ブラウザを再起動してください。

Excel機能(Word機能へ転送)

Excel機能に入力したデータを、ワンクリックでWord機能のドキュメントに転送できます。セルに入力されたデータに、指定した区切り文字を付与して転送します。
実行例が動画で確認できます。再生ボタンをクリックしてください。
動画の再生には、Adobe Flash Playerが必要です。設定されていない場合は、ここからインストールし、ブラウザを再起動してください。

音声プレーヤー

本ソフトで音声ファイルを再生できます。音声プレーヤーを利用することで会議録などの音声ファイルを聞きながら、書き起こしを行うことができます。


@ [参照]ボタンをクリックして音声ファイル(mp3/wma/wav)を選択します。
A [再生・一時停止]ボタンをクリックすると、再生がはじまります。もう一度クリックすると、一時停します。キーボードの[ESC]キーを押下することでも、再生・一時停止を実行できます。       
B 再生スライダーのつまみを掴んで任意の再生位置に移動できます。
C 早戻しは、[早戻し]ボタンまたは、[F5]キーの押下で実行できます。
D 再生スライダーの下にある設定項目で、一時停止時に戻る秒数を設定できます。
E 早送りは、[早送り]ボタンまたは、[F6]キーの押下で実行できます。
F 再生速度のスライダーを移動させると、音程を維持した状態で、再生速度の変更ができます。
G 量のスライダーを移動させると、再生音量を調整できます。
H 再生時には、音量に合わせてインジケータが振れます。
I 再生カウンタは、[Ctrl]+[F1]キーの押下で、カウンター情報を本文に貼り付けることができます。また、再生カウンター部分の数値に、キーボードから直接数値を入力して再生位置を移動させることもできます。       


音声入力

本ソフトで、定型文を音声で入力することができます。あらかじめ定型文を登録しておくとマイクに向かって発話した音声が自動で文字に変換され、メイン画面に表示されます。※登録されていない定型文は認識できません。
実行例が動画で確認できます。再生ボタンをクリックしてください。
動画の再生には、Adobe Flash Playerが必要です。設定されていない場合は、ここからインストールし、ブラウザを再起動してください。
<定型文の登録>

<マイクの設定>

<音声入力例>


読み上げ

セルに設定した文章ごとに読上げエンジンを切り替えて本ソフトが読み上げてくれます。Windows 7では、英語、Windows 8/8.1/10では、日本語と英語の文章を標準で読み上げることができます。
※Windows 7では、読み上げる言語の追加はできません。
※Windows 8/8.1/10では、OSの機能により、読み上げ可能な言語を増やすことができます。言語の追加方法は、よくある質問をご確認ください。
実行例が動画で確認できます。再生ボタンをクリックしてください。
動画の再生には、Adobe Flash Playerが必要です。設定されていない場合は、ここからインストールし、ブラウザを再起動してください。